J1横浜Mは21日、リーグ得点王のブラジル人FWマルコスジュニオール(26)と来季の契約を更新したと発表した。

 今季加入のマルコスジュニオールは主にトップ下のポジションで33試合に出場。豊富な運動量と高い決定力で攻撃陣を引っ張り、15年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献した。計15得点はチームメートの日本代表FW仲川輝人(27)と並びリーグ最多で、ベストイレブンにも選出された。

 クラブは同日、主将のMF扇原貴宏(28)、DF伊藤槙人(27)とも来季の契約を更新したと発表した。

...    
<記事全文を読む>