サッカー松本山雅FCの運営会社は19日、2020年シーズンのユニホームデザインを発表した。コンセプトは「STAYGOLD(輝き続けろ!)」。クラブ創設55周年の来季は、再びJ1の舞台で輝けるように挑む意志を込め、エンブレムを金色で表現した。
 背番号は、マスコット「ガンズくん」が由来するライチョウの羽をイメージした書体を採用した。主にホーム戦でフィールドプレーヤーが着用するユニホームは、チームカラーの緑色、アウェー戦は白色を基調とし、ともに光線をイメージした縦じま模様。ゴールキーパーは黄色、黒色、紫色を採用した。
 ユニホームスポンサーは、今季のセイコーエプソン(胸...    
<記事全文を読む>