サッカー女子なでしこリーグのAC長野パルセイロ・レディースで来季の新監督に決まった佐野佑樹氏(36)が19日、長野市内で記者会見を行い、「優勝や上位を目指すことが目標。勝利を目指しながら選手を鍛えていきたい」と意気込みを語った。

 福岡県出身の佐野氏は、現役時代にアビスパ福岡の下部組織や福岡大でプレー。2013〜18年にアルビレックス新潟レディースU―18(18歳以下)の監督を務め、19年はU―15日本女子選抜チームコーチを歴任するなど女子チームの指導・育成に力を入れてきた。

 会見に同席した運営会社の堀江三定会長兼社長は、女子サッカーに精通...    
<記事全文を読む>