サッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸所属で、今季限りでの現役引退を表明したDF那須大亮(38)が17日の練習後、報道陣の取材に応じた。引退する理由として、自身のユーチューブ番組で明かした「脳が揺れる現象」について「(ボールを)クリアした後1分ぐらい、(目の)焦点が合わない感じ」と語った。

 那須は16日、クラブ側の引退公表後、動画を配信。決断に至った経緯などを説明していた。

 症状が出たのは、2017年シーズン終盤の試合中といい、強烈なシュートを受けたわけではなかったのに、脳が揺れたという。その年末から毎年、脳の画像診断を受けているが、異常はなく「幼少期か...    
<記事全文を読む>