サッカー明治安田J2に来季復帰するザスパクサツ群馬は17日、元監督兼選手の奥野僚右氏(51)が新監督に就任すると発表した。J2松本の監督に就任した布啓一郎氏(58)の後任となる。ザスパは初代監督を務めた奥野氏を迎えて念願のJ1昇格へ踏み出す。

 奥野氏は京都府出身。早大から鹿島に入団し、Jリーグ元年の1993年からDFとして7季プレー。常勝軍団の基礎を築いた。2002年にザスパ草津(当時)の初代監督に選手兼任で就任。在任中2年間で県リーグ1部だったチームを日本フットボールリーグ(JFL)に昇格させた。功績をたたえ、背番号31は永久欠番となっている。
<記事全文を読む>