J1神戸は16日、DF那須大亮(38)がプロ生活18年を区切りに現役を引退すると発表した。ユーチューバーとしても活動する那須は、自身の番組を通じ「最後の使命は天皇杯で優勝し、みんなで喜びを分かち合うこと」と神戸サポーターに呼び掛けた。

 鹿児島県出身の那須は2002年、駒大から横浜Mに入団。2季在籍した神戸を含めて計6クラブに所属し、J1では歴代24位の400試合に出場した。獲得したタイトルもJ1リーグや天皇杯など数多く、04年アテネ五輪にも出場した。

 那須は、クラブ側の引退発表直後に動画を配信し、その理由を明かした。決断のきっかけは、7日にあった、同僚で元ス...    
<記事全文を読む>