リーグ3連覇を逃した川崎と、相次ぐ騒動に揺れながらJ1残留を果たした湘南。両クラブの戦いぶりを検証する。

 8月24日、14位の清水に2-2で引き分け、首位FC東京と勝ち点差8まで開いた試合後だった。クラブに漂う重苦しい雰囲気を察した川崎の取締役強化本部長、庄子春男(62)はイレブンに語り掛けた。

 昨季はリーグ最多57得点、最少27失点で2連覇を飾った。賞金など約22億円の資金を蓄え、史上2クラブ目のリーグ3連覇、ACLを含めたタイトル4冠に照準を合わせて満を持して臨んだ今季。ロンドン五輪得点王の看板を引っ提げたレアンドロダミアン、ジェジエウ、マギー...    
<記事全文を読む>