J1サンフレッチェ広島や広島ゆかりのJリーガーが15日、広島市安佐南区の広島経済大でサッカー教室を開いた。昨年の西日本豪雨からの復興を支援しようと、元サンフレでJ2千葉に所属する佐藤寿人選手(37)たちが呼び掛け、園児や児童約160人に「プロ」の技を伝授した。

 サンフレの渡大生選手(26)や清水航平選手(30)たち計14人が指導した。かつて在籍したJ1名古屋の千葉和彦選手(34)、J2町田の李漢宰(リハンジェ)選手(37)の姿もあり、「ボールが受けやすい位置に動いて」などと助言。子どもたちとパス回しやゲームを楽しんだ。同区の伴南小6年岩瀬結音(ゆいと)君(12)は「教えて...    
<記事全文を読む>