サッカーの高円宮杯U-18プレミアリーグで東西の王者が日本一を争うファイナルが15日、埼玉スタジアムで行われ、青森山田高(東地区代表)が名古屋ユース(西地区代表)に3-2で競り勝ち、3年ぶり2度目の優勝を果たした。
 30日に開幕する全国高校選手権で2連覇を狙う青森山田高は、2点のリードを追い付かれたものの後半17分に1年生の松木が勝ち越しゴールを奪った。

...    
<記事全文を読む>