サッカー・高円宮杯U-18リーグの最高峰「プレミアリーグ」への昇格を懸けたプレーオフ最終日は15日、広島市のコカ・コーラボトラーズジャパン広島スタジアムなどであった。サガン鳥栖U-18はベガルタ仙台ユースを2-1で破り、同リーグへの初昇格を決めた。

鳥栖2―1仙台

 鳥栖は終盤に粘り強さを見せ、逆転勝利を収めた。

 前半、鳥栖はボールを保持しFW相良竜之介、MF本田風智を中心に攻め込んだが、決定機をつくれなかった。

 0-0で折り返した後半8分、中盤でボールを失って相手のカウンター攻撃を食らい、先制を許した。このまま試合終了かと思われた後...    
<記事全文を読む>