◆松浦選手と中村選手

 ことし県内の女子サッカー公式戦で旋風を巻き起こした浜松泉FC(峰山直久監督)の主力二選手(中学三年生)が、来春、三重県の神村学園高伊賀分校に進学、同校女子サッカー部の初の全国大会進出を目指す。

 二人はGK松浦葵選手(浜松市富塚中三年)とMF中村琉愛(るな)選手(同市積志中三年)。松浦選手はシュートに対する反応が抜群。中村選手は浜松泉FCの攻撃を担う司令塔。二人は「神村学園高伊賀分校はサッカーに集中できる環境が整っている。自身のレベルアップのため、あえて他県の高校に進学することを選択した」と意欲を示し...    
<記事全文を読む>