サッカーJ1の松本山雅FCは15日、J2に降格する来季の新監督に決まった布(ぬの)啓一郎氏(58)の就任記者会見を松本市内で開いた。布氏は「これまでの指導者としての経験を生かし、全力を尽くして(監督の)任に当たっていきたい」と抱負を述べた。

 今季まで8年間にわたって松本山雅の指揮を執った反町康治監督(55)がシーズン終了後に辞任を表明。後任として、千葉・市船橋高校を全国屈指の強豪に育て、今季はJ3群馬を率いてJ2昇格に導いた布氏の就任が決まっていた。

 反町監督とは20年来の親交があるという布氏は「(反町監督は)サッカーに対する情熱や深い見...    
<記事全文を読む>