J1清水は14日、来季監督に横浜Mヘッドコーチのピーター・クラモフスキー氏(41)が就任すると発表した。清水のオーストラリア人監督は初めて。今季途中から監督として指揮していた篠田善之氏(48)はコーチとしてチームに残る。
 クラモフスキー氏は2018年1月に横浜Mのヘッドコーチに就任し、同チームの今季リーグ優勝に貢献した。横浜Mを通して「一番の目標である監督としてのキャリアをスタートさせるため、クラブ(横浜M)を去る決断をした」などとコメントした。
 清水は今季「トップ5」の目標を掲げながら最後まで残留争いに苦しみ、12位に終わった。内藤直樹強化部長は「ここ数年の低...    
<記事全文を読む>