サッカーJ2の徳島ヴォルティスは14日、神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚で行われたJ1参入プレーオフ(PO)決定戦に臨み、1-1でJ116位の湘南と引き分けた。大会規定上、J1チームは引き分け以上で勝利となるため、徳島は6年ぶりのJ1復帰を惜しくも逃した。

 試合は前半20分、MF野村直輝の左CKをゴールから遠いサイドにいたDF石井秀典が頭で中央に折り返し、ゴール前のMF鈴木徳真が右足で決めて先制。後半は湘南に押し込まれる時間が続く中、19分、右サイドを破られた後のクロスから湘南のMF松田天馬に決められ追い付かれた。終盤にかけ、前線に攻撃的なMF杉本竜士、清...    
<記事全文を読む>