サッカーJ1優勝の横浜Mでヘッドコーチ(HC)を務めたピーター・クラモフスキー氏(41)が今季限りで退任し、来季はJ1清水の監督に就任することが14日、両クラブから発表された。

 オーストラリア出身のクラモフスキーHCはポステコグルー監督の下で同国代表のアシスタントコーチなどを歴任。昨季からマリノスで指導に当たり、今季は15年ぶりのリーグ制覇に導いた。

 クラブを通じて発表したコメントは次の通り。

 「マリノスに関わる全ての皆様に、感謝の意を述べたいと思います。『マリノスにトロフィーをもたらす仕事をする』と、2年前にごあいさつをさせて頂いた時に約束し...    
<記事全文を読む>