サッカーJ1清水エスパルスは12日、クラブを支えるボランティアを招いた慰労懇親会を静岡市駿河区のホテルで開いた。選手25人や篠田善之監督、スタッフが出席し、1年間のボランティア活動の労をねぎらった。
 ホーム試合の運営を補助する「パルちゃんクラブ」、クラブの宣伝や集客活動を行う「スタジアムオレンジ化推進委員」、開場時の列整理などをサポートする「列整理ボランティア」のメンバー約200人を招待。選手たちは参加者の写真撮影やサインの求めに応じ、会話も楽しみながら交流した。
 篠田監督は「皆さんあってのエスパルス」と感謝し、主将の竹内涼選手は「来季はもっと愛されるチームにな...    
<記事全文を読む>