サッカーJ1清水エスパルスの新監督に、横浜Mのピーター・クラモフスキーヘッドコーチ(41)が就任することが13日、濃厚になった。関係者への取材で分かった。近日中に発表される見通し。クラブは今季途中から監督として指揮していた篠田善之氏(48)にコーチ就任を要請したとみられ、監督交代は確実となった。
 クラモフスキー氏はオーストラリア国籍で、2018年に横浜Mのヘッドコーチに就任。同チームを今季J1優勝に導いたアンジェ・ポステコグルー監督を参謀役として支えた。17年以前はオーストラリア代表アシスタントコーチや同国のU-17(17歳以下)代表監督などを歴任した。
 篠田氏...    
<記事全文を読む>