サッカーの高円宮杯U-18リーグの最高峰・プレミアリーグへの昇格を懸けたプレーオフは13日、広島市の広島広域公園第一球技場などで1回戦8試合があった。サガン鳥栖U-18は徳島ヴォルティスユースを1-0で下し、昇格に王手をかけた。

 鳥栖は0-0で折り返した後半6分、MF本田風智がPKを決めて先制に。その後は相手に得点を許さず、1-0で逃げ切った。

 勝てば昇格が決まる2回戦は15日、広島市のコカ・コーラボトラーズジャパン広島スタジアムなどであり、サガン鳥栖U-18はベガルタ仙台ユースと対戦する。

サガン鳥栖U-18 1-0 徳島ヴォルティスユース <記事全文を読む>