サッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸は13日、本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で、21日の天皇杯全日本選手権準決勝に向け、必勝祈願を行った。サポーター約800人も集まり、フィンク監督は「全力を尽くして優勝したい」と力を込めた。

 必勝祈願は、毎年シーズン前に参拝する和田神社(同)の宮司が祝詞(のりと)を奏上し、イニエスタ主将らが玉串を奉納。その後、ホームに清水を迎える準決勝に備え、ゲーム形式の練習などで調整した。

 7日のリーグ最終戦でハットトリックを達成したポドルスキは練習後、チームを取り巻く雰囲気に苦言を呈した。「選手、スタッフが1月1日(...    
<記事全文を読む>