サッカーJ2・モンテディオ山形は8日のJ1参入プレーオフ(PO)2回戦で敗退し、今季の全日程が終了した。木山隆之(たかし)監督の指揮3年目は、リーグ戦の通算成績が20勝10分け12敗、勝ち点70の6位。チーム力の高まりを示しつつも2位以内の自動昇格圏に届かず、指揮官の退任が決まった。POの戦いを交えて振り返り、J1復帰に向けた収穫と課題を探る。

 今季の総得点数は59で、木山隆之(たかし)監督が率いた過去3シーズンでは2017年の45、18年の49を上回り最多となった。シーズンを通して堅守速攻を一つのテーマに定めながら、後半戦はFW山岸祐也の途中加入で攻撃の形が増...    
<記事全文を読む>