サッカー男子の高円宮杯U-18で最高峰のプレミアリーグ昇格を懸けたプレーオフ(PO)が13日、広島市で開幕する。今季プリンスリーグ北信越を初めて制した帝京長岡高が、悲願のプレミア入りを懸けて決戦に臨む。

 帝京長岡高の今季リーグ戦は12勝3分け3敗。17得点を挙げたFW晴山岬が得点王に輝いた。トーナメントで争うプレーオフの1回戦は13日、コカ・コーラボトラーズジャパン広島スタジアムで横浜Mユース(関東2位)と戦う。札幌U-18(北海道1位)と米子北高(中国2位・鳥取)の勝者と当たる15日の2回戦に勝てば、昇格が決まる。

 帝京長岡高は8月末の...    
<記事全文を読む>