サッカーJ2・モンテディオ山形の来季監督に、今季J1松本のコーチを務めた石丸清隆氏(46)の就任が確実になったことが12日、関係者への取材で分かった。退任する木山隆之(たかし)監督の後任の最有力候補としてクラブが交渉し、石丸氏は受諾の意向を示しているという。

 大阪府出身の石丸氏は1996年に阪南大から福岡に加入し、MFとしてプレーした。現役引退後の2007年からJ2愛媛でコーチなどを歴任し、13年から2年間にわたり監督を務めた。15年はJ2京都のヘッドコーチに就き、前監督の解任に伴い、シーズン途中に昇格。16年に年間順位5位で当時のJ1昇格プレーオフ(PO)に進...    
<記事全文を読む>