シーズン報告会では、佐賀新聞社がサポーター投票をもとに選出する年間MVPの表彰式があり、GK高丘陽平(23)に賞金の目録などが贈られた。

 高丘は今年5月のリーグ戦・大分戦でJ1デビューを果たし、計24試合に出場。正GKとしてゴールマウスを死守し続けた。月間MVPに選ばれたことはなかったが、「ビッグセーブで何度もチームを救ってくれた」など、年間を通しての活躍が評価された。

 受賞について高丘は「監督が信頼して使ってくれた結果。そして、ジルベルトGKコーチらスタッフのサポートのおかげだと思う」と喜びを語った。

 また、11月の月間MVPに選ばれたDF金...    
<記事全文を読む>