サッカーJ1松本山雅FCの新監督に、今季までJ3群馬で監督を務めた布(ぬの)啓一郎氏(58)の就任が決まったことが11日、関係者への取材で分かった。松本山雅が12日にも正式発表する見通しだ。

 松本山雅は今季のJ1で18チーム中17位に終わり、来季のJ2降格が決定。シーズン終了後に反町康治監督(55)が辞任を表明した。J2に舞台を移す来季は、若手選手を育てながら強化を図る方針。新監督候補は育成手腕に定評がある布氏に一本化して交渉し、この日までに合意に達した。群馬は11日、布氏の監督退任を発表した。

 千葉県出身の布氏は、千葉・市船橋高の監督として全国高校総体と全...    
<記事全文を読む>