サッカーのJ1鹿島は11日、大岩剛監督(47)が契約期間満了に伴い、今季限りで退任することを発表した。準決勝に進出している天皇杯全日本選手権終了まで指揮を執る。後任は未定。

大岩氏は現役時代はDFでプレー。2003年に鹿島に加入し、10年に現役引退した。翌年からトップチームコーチに就き、17年6月に監督就任。監督での公式戦成績は通算141試合77勝32分32敗。昨年はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)でクラブ悲願の初優勝を飾った。今季のJリーグは3位。3年連続で優勝を逃したことについて、「常にタイトルを義務付けられているクラブなので、責任をしっかり受け止めたい」と話した。...    
<記事全文を読む>