サッカー・J1リーグ戦を15位で終え、8年連続のJ1残留を果たしたサガン鳥栖の福田晃斗主将(27)、小林祐三(34)、高橋秀人(32)、金崎夢生(30)の4選手が10日、佐賀新聞社などを訪問し、シーズンの終了を報告した。「苦しい時期も声援を送ってくれた」とサポーターの応援に感謝した。

 佐賀新聞社では、報道部の辻村圭介部長が「最後まではらはらするシーズンだったが、J1に残ったことで来季につながる」とねぎらった。開幕から10試合を1勝1分け8敗と苦戦したことに関し、福田主将は「前半戦を考えると『残留できてよかった』の一言に尽きる。繰り返さないようにしたい」と力を込めた。 <記事全文を読む>