J1残留を懸けた最終節の松本戦。先制ゴールを挙げた野田隆之介は両手を広げ、ゴール裏のサポーターのもとへ全力で駆けた。歓喜に揺れるスタンドに向かってガッツポーズをする野田を選手やスタッフが幾重にもなって取り囲み、喜びを爆発させた。

 その5分後、試合終了間際に同点弾を決められる。天国から一気に突き落とされたような感覚だった。1-1の引き分け。勝てば自力でJ1残留をつかめた。悔しさが全身を襲う。最終順位は十六位。十五位の鳥栖とは同じ勝ち点、得失点差はわずか2の差だった。

 十四日、J1参入プレーオフ決定戦、一発勝負の入れ替え戦に臨む。ホームの「Shonan BMWス...    
<記事全文を読む>