J1清水は10日、エンブレムの刷新を発表した。現行の要素を維持した上でクラブカラーのオレンジを増やし、デザインを洗練させた。23年ぶりの新エンブレムは2020年シーズンから使用する。
 デザインや配色による文字の見にくさなどを改善。オレンジ色と深い青色を基調とし、「エスパルス」と地名の「静岡・清水」のロゴを白色にして目立たせた。富士山をイメージした上部の形状や中心部に置く地球儀は継続して取り入れ、1992年の創設年の記載はエンブレムから外し、下に添えた。
 静岡市葵区で開いた発表会で、左伴繁雄社長は「富士山や地球儀に込められた日本一、世界を目指す思いを改めて選手、社...    
<記事全文を読む>