サッカーJ2・モンテディオ山形の木山隆之(たかし)監督(47)が、今季限りで退任する見通しであることが10日、関係者への取材で分かった。就任3年目の今季は年間順位6位でJ1参入プレーオフ(PO)に進出。クラブ側は手腕を評価し、続投を前提に話し合いを進めたが、自動昇格を逃した責任として本人が決断したとみられる。

 兵庫県出身の木山監督は2017年シーズンから山形を指揮し、同年はリーグ戦11位。18年は同12位にとどまったが、天皇杯全日本選手権でクラブ2度目の4強入りに導いた。

 今季は継続して堅守を戦術の柱に据え、前半戦で7季ぶりの首位折り返し...    
<記事全文を読む>