サッカーJ1仙台は9日、渡辺晋監督(46)が今季限りで退任することを明らかにした。事実上の解任とみられる。仙台市内でのクラブ主催のパーティーの後、丹治祥庸強化育成本部長が表明した。理由は明らかにしていない。後任は未定。渡辺監督はクラブに残らないという。
 渡辺監督は同日夜に記者会見を行い、「クラブから(監督交代の)決断を通知され、受け入れる形になった」と説明。選手時代を含めて19年間所属した仙台に対して「長い間さまざまな経験ができ、感謝の気持ちでいっぱい。もっと良い恩返しをしたかった」と語った。
 仙台は今季、開幕から5戦連続未勝利と序盤につまずき、一時は最下位に低...    
<記事全文を読む>