サッカーの高円宮杯U-18(18歳以下)プレミアリーグ東地区最終節は8日、静岡・竜洋スポーツ公園サッカー場などで5試合が行われ、鹿島ユースは磐田U-18に2-0で勝利した。通算成績は5勝5分け8敗、勝ち点20。8位磐田U-18とは勝ち点と得失点差で並んだが、得点で下回って9位となり、来季プリンスリーグへ降格が決まった。

残留するには3点差以上の勝利が最低条件だった鹿島ユースは、前半2分にFW杉山眞仁がPKを成功して先制。同46分、MF竹間永和がミドルシュートを決めた。後半も得点機をつくったが、3点目は奪えなかった。

(県勢記録)
◇東地区▽最終節
<記事全文を読む>