サッカーの高円宮杯U-18リーグの最高峰・プレミアリーグへの昇格を懸けたプレーオフが13日、広島市の広島広域公園第一球技場などで始まる。3年連続で出場するサガン鳥栖U-18は、過去2年成し遂げられなかった悲願のプレミア昇格を目指す。全16チームが四つのグループ(各4チーム)に分かれ、グループ1位がプレミアリーグ参入の権利を得る。

 九州第1代表として臨む鳥栖U-18は、13日の1回戦で徳島ユースと対戦。勝利した場合、15日の決定戦で阪南大高(大阪)と仙台ユースの勝者と戦う。

...    
<記事全文を読む>