来季J2に昇格するサッカーJ3ギラヴァンツ北九州は8日、アウェーで最終戦に臨み、0-1で藤枝MYFCに敗れた。試合終了間際の失点でラストゲームは飾れなかったが、北九州国際会議場(小倉北区)のパブリックビューイング(PV)に集まった約500人の地元サポーターたちは、J2での躍進に期待を込め、大声援を送った。

 前半36分すぎにMF高橋大悟選手(20)が相手陣内で、相手選手のミスからボールを奪い、シュートしたが、GKの好守に阻まれた。その後も得点機を生かすことはできなかった。守備では相手のシュート12本を防ぎながらも、決定打が出ないまま試合は0-0のままロスタイムに。終了間際に...    
<記事全文を読む>