サッカーの2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会に出場し、17年からJ3のAC長野パルセイロでプレーしたMF明神智和(41)が9日、長野Uスタジアムで引退会見に臨み、「来季1年間プロとして戦えるのか、練習もできるのかと考えた時に、そろそろ限界だと思って決断した」と説明した。今後は指導者を目指すという。
 クラブから9月下旬に来季の契約更新を打診されたが、10月上旬に引退を決意。先発した8日の熊本戦は後半13分にピッチを退き、24年間のプロ生活に終止符を打った。「うまくなりたい、勝ちたい、負けたくないという気持ちをずっと持つことができたのでここまでやれた」と語った。
<記事全文を読む>