サッカーJ2徳島ヴォルティスは8日、鳴門ポカリスエットスタジアムでJ1参入プレーオフ(PO)2回戦を戦い、1―0でモンテディオ山形を下して14日の参入決定戦に進んだ。決定戦で徳島はJ116位の湘南ベルマーレと対戦し、勝てば6年ぶりのJ1復帰が決まる。

 

 J2で4位の徳島が6位の山形をホームに迎えた一戦は後半8分、徳島のMF野村直輝のパスにFW河田篤秀(あつし)が抜け出し、GKの頭上を越える浮き球のシュートで先制。終盤、前線に人数を掛けてきた山形の攻撃を全員でしのぎ、1点を守り切った。

 前半は風上に立った山形に押し込まれる展開となったものの、開始1分、GK梶川...    
<記事全文を読む>