サッカーJリーグの年間表彰「Jリーグ・アウオーズ」は8日、都内で開かれ、今季の最優秀選手賞に、J1リーグ得点王で横浜F・マリノスを15年ぶりの優勝に導いたFW仲川輝人(27)を選出した。

 川崎市出身の仲川は今季リーグ戦33試合に出場。俊足を生かしたドリブル突破でゴールを量産し、チームメートのMFマルコスジュニオール(26)とともに年間15得点をマーク。Jリーグ史上初となる同一チームからの得点王ダブル受賞となった。

   ベストイレブンには、マリノスから仲川、マルコスジュニオールのほか主将のMF喜田拓也(25)、DFチアゴマルチンス...    
<記事全文を読む>