サッカーの明治安田J3最終日の8日、ザスパクサツ群馬が年間2位となり、J2昇格を決めた。2017年のシーズン後に降格してから3季ぶりの復帰となる。

 昇格圏2位に前節浮上した群馬は、アウェーの最終節で福島を2-1で下し、18勝7敗9分け、勝ち点63とした。勝ち点で並んでいた藤枝も勝ったが、得失点差で群馬が14上回った。

 群馬は前半から押し気味に試合を進め、後半3分に右サイドのFKからDF渡辺が右足のボレーシュートをたたき込み先制。途中出場していたエースFW高沢が7分後にPKを決めた。終盤の福島の反撃を1点に抑えた。

 ...    
<記事全文を読む>