サッカーJ1の松本山雅FCは8日、反町康治監督(55)が今季限りで辞任すると発表した。今季最終戦を終えた7日夜にクラブ側に辞意を伝え、クラブが了承した。4年ぶり2度目の挑戦となったJ1リーグ戦が18チーム中17位に終わり、来季J2に降格する責任を取った。反町監督は8日午前の取材に「結果重視のプロ社会。やるべきことはやってきたが、力足らずだった」と理由を述べた。

...    
<記事全文を読む>