サッカーの明治安田J1リーグ最終節の7日、ヴィッセル神戸は本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)でジュビロ磐田と対戦して4-1で快勝し、8位で終えた。今季限りでの引退を表明し、現役最後のリーグ戦となった元スペイン代表FWビジャがPKを成功させ、元ドイツ代表FWポドルスキが来日初となるハットトリック。ワールドクラスの2人が、今季初のリーグ3連勝に貢献した。

 ポドルスキは前半36分、山口が相手DFに激しく寄せて生まれたこぼれ球を左足で決めて先制点。1-1の後半30分には、ペナルティーエリア内で倒され、ビジャの得点を“アシスト”。直後には、ビジャの...    
<記事全文を読む>