J1神戸は7日、神戸市兵庫区のノエビアスタジアム神戸で行われた磐田との今季最終節で、2020年シーズンの新ユニホームを着用してプレーした。チームカラーのクリムゾンレッド(深紅)と白のダイヤ柄を初めて採用。この日が現役最後のリーグ戦となった元スペイン代表FWダビド・ビジャも身にまとって先発した。

 神戸は新ユニホームお披露目にあたって特設サイトを開設し、「常に新しいことにチャレンジし、前に進み続けるクラブの姿勢を表現」と説明。新ユニホームを着たアンドレス・イニエスタ、酒井高徳、山口蛍の3ショットも掲載し、「ダイヤモンドのように強く、サポーターとの固い絆によってタイトルを獲得し...    
<記事全文を読む>