サッカーの明治安田生命J1リーグは7日、横浜市港北区の日産スタジアムなどで今季最終節が行われ、首位の横浜F・マリノスは2位のFC東京を3-0で下して勝ち点を70に伸ばし、15年ぶり4度目のリーグ制覇を決めた。

 同スタジアムにリーグ戦歴代最多となる約6万3854人の観衆を集めた一戦は前半、マリノスがタイ代表DFのティーラトンとブラジル人FWエリキのゴールで2点を先制。後半にも日本代表FW遠藤が追加点を挙げた。

 今季のマリノスは、就任2年目のオーストラリア人指揮官、ポステコグルー監督(54)の下でリーグ最多得点を記録する攻撃力を発揮。第24節...    
<記事全文を読む>