サッカーJ1最終節は7日、各地で9試合を行い、札幌は札幌ドームで川崎と対戦し1―2で敗れた。通算成績は13勝7分け14敗で勝ち点46、10位でシーズンを終えた。

 札幌は2点を追う前半34分、チャナティップのパスを右サイドで受けた宮沢が頭で折り返し、ルーカスフェルナンデスが右足でボレーシュートを突き刺し1点を返した。後半も何度か好機をつくったものの、ゴールを奪うことができなかった。

...    
<記事全文を読む>