サッカーJ3のAC長野パルセイロは6日、J2大宮から育成型期限付き移籍で加入していたMF山田陸(21)ら3選手が移籍期間満了のため退団することが決まったと発表した。
 山田はボランチとして24試合に出場して2得点。クラブを通じて、「1年という期間でしたが、長野が大好きになりました。感謝しかありません」とコメントした。このほかにJ2岡山から加入していたDF下口稚葉(21)と、J2甲府から加入していたDF入間川景太(20)も退団する。現時点で所属32選手のうち現役引退も含めて16人の退団が決まった。

...    
<記事全文を読む>