浦和は7日、ホーム最終戦でG大阪と対戦する(14時・埼玉)。試合を3日後に控えたチームは4日、大原サッカー場で約1時間半の全体練習を実施。3日に退団が発表された森脇は「望んだ結果ではないが、受け入れるしかなかった。このクラブでまさか7年間プレーできると思っていなかったので、感謝の気持ちしかない」と心のうちを明かした。

 けがに苦しんだ昨季から出場機会が減ったものの、ピッチで"違い"を生み出せる数少ない存在であることは疑いようがない。4日に行われた11対11の戦術練習では3バックの右に入り、視野の広さが際立つ縦パスで興梠の得点を演出した。

 「単に世代交代と言われ...    
<記事全文を読む>