日本サッカー協会は4日、東京五輪世代に当たるU-22(22歳以下)代表の国際親善試合、ジャマイカ戦(28日・トランスコスモススタジアム長崎)に臨む日本代表に、安部(バルセロナ)前田(マリティモ)大南(磐田)旗手(順大、静岡学園高出)ら19選手を選出した。
 この世代の国内初戦だった11月のコロンビア戦は0-2で完敗し、再起を図る。ジャマイカ戦後にメンバーを再編し、来年1月のU-23アジア選手権(タイ)に出場する。

...    
<記事全文を読む>