サッカーJ1松本山雅の反町監督は4日、松本市内での練習後に取材に応じ、来季のJ2降格が決まったことに対して「現場が責任を取るのは当然だ。自分の中にも思っていることはあるが、答えは決まっていない」と話した。一方で、「最終的に会社が決めること」とも話し、進退の判断をクラブ側に委ねる考えを示した。

 運営会社の神田社長は同日までの取材に対し、5日にも反町監督と話し合う機会を設けたい意向を示している。

 チームはJ2降格が決まった第33節のG大阪戦後に2連休を取り、この日から今季最終戦となる7日の第34節、湘南戦に向けた練習を再開した。現在16位の湘南にとって、勝てばJ...    
<記事全文を読む>