リーグ史上、鹿島に続く2クラブ目の3連覇には届きませんでした。第32節終了時で首位の横浜Mの勝ち点は64。7差となり、残り2試合での逆転は不可能となって…。

 一度も首位に立つことのなかったシーズン。何かがどこかがかみ合わないまま「勝ちきる」ことの難しさを痛感させられました。第33節(11月30日)の横浜M戦は悔しさを胸に、意地を見せつけたい試合でしたが、勢いの差そのままに今季1試合最多失点4を喫し、一矢を報いるのがやっとの惨敗でした。

 この一戦を前に思い出したのは2013年の最終戦。勝てば9年ぶりの優勝という横浜Mをホーム等々力に迎え、1-0で...    
<記事全文を読む>