サッカー元日本代表でアラブ首長国連邦の強豪アルアインに所属する塩谷司選手(30)=徳島県小松島市出身=が主宰する塩谷サッカースクールが17日、徳島市南田宮2の広沢自動車学校で、サッカープログラミング講座を開いた。

 サッカープログラミングは、プログラミングに必要な「論理的思考」を、サッカーに取り入れることが目的。勝つためにどう練習するかや、試合に負けた理由などを俯瞰(ふかん)で見て分析するなど問題解決能力が養えるという。

 この日の講座にはスクール生20人が参加した。ドローンを数メートル先の輪をくぐらせて着陸させるプログラミングの作成を体験。タブレット端末にイン...    
<記事全文を読む>