日本サッカー協会は4日、東アジアE-1選手権(10~18日・韓国)に臨む男子日本代表を発表し、神奈川県内のクラブからはJ1首位を走る横浜Mの仲川輝人、畠中槙之輔、遠藤渓太の3選手と、川崎の大島僚太、田中碧の2選手が選出された。

 仲川、遠藤、田中はいずれも初招集。

...    
<記事全文を読む>