サッカーJ3のAC長野パルセイロは3日、DF大島嵩弘(31)やDF松原優吉(31)、MF有永一生(30)ら8選手が契約満了のため今季限りで退団し、MF新井純平(30)が今季限りで現役を引退すると発表した。
 AC長野で11年目の大島と9年目の有永、7年目の松原は、それぞれ2013年の日本フットボールリーグ(JFL)優勝に貢献。長期にわたって主軸としてチームを支えてきたものの、今季は有永が27試合、大島は16試合、松原は14試合の出場で、特に終盤戦にかけて出場機会が減っていた。
 3年目の新井は昨年、左膝前十字靱帯(じんたい)を損傷。今年の6月下旬に復帰してからはボラ...    
<記事全文を読む>